さぼてんきっずの特徴
1日の流れ
お問合わせ
会社概要
アクセス
さぼてんきっずHOME
目指すもの
ご利用について
ブログ
さぼてんきっずの目指すもの
目指すもの
Live my own life
発達障害とは
自閉症スペクトラム

自閉症スペクトラム【ASD】
こだわりが強い
コミュニケーションが上手にとれない
感覚が過敏など

学習障害

学習障害【LD】
読む、聞く、書く、計算する推論するなど

ある種類の学習能力の取得が苦手

注意欠損多動性障害

注意欠損多動性障害【ADHD】
集中できない注意欠陥

じっとしていられない多動性

衝動的に行動する衝動性の3つの特徴

力を発揮させてあげる為に

発達障害は見た目ではわかりにくいせいか、いろいろな面で誤解されることがあるようです。

でも、さまざまな領域すべてが遅れているわけではありません。むしろ優れている領域もたくさんあります。

得意なことと不得意なことの差が大きいのです。
そのせいで支援の必要性が見落とされ、困った行動ばかりが目についてしまいがちです。

周囲からの理解がないと、人と異なる行動を問題行動と誤解され、怒られてしまったりいじめられてしまったりなど、

傷つけられることも多くなってしまいます。
また「できるはずなのにできない」「真面目に受け答えしているのに人間関係がうまくいかない」などとお子さん自身が感じ、不安になったり苦しんでしまうこともあります。
ですから、「みんなと同じ」を求めすぎず、そのお子さんの良さを見つめて保育をしていく必要があります。
持って生まれた素質の「いいところ」を見つけ、困ったところを支援し、どんな環境を整えるかで、発達障害の子供たちの力はのびやかに発揮され、将来は変わっていきます。